クラッシク音楽

クラシック音楽というのは、日本でも以前から親しまれていますが、「なんとなく敷居が高い」、「堅苦しい」などといわれてたこともありました。小学生でもクラシック音楽鑑賞の時間が増えたりするなどしていることは、これからの日本にとって非常に嬉しいことでしょう。欧州などでは、子供でも有名なクラシックの音色を普通に口ずさんだりしてるのです。

クラシックという言葉は古典や名作品などの意味がりますが、日本ではさしあたって音楽について意味していることがほとんどでしょう。なお音楽と文学との違いというものを少し申し上げておきますと、音楽は「演奏者」が作曲家とオーディエンスとの間にあり、言ってみれば三角関係のようなものですが、文学の場合はそうではなく作品を直接的に読むものです。
ですからクラシックの魅力は、演奏者によってリスナーはとても大きく影響されることとなり、これはクラシックを聴く場合とても大事な点なのです。
さらに、「編曲」ということもあって、もともとオーケストラ用に作られたものがピアノのみで演奏されたりしている例は数多くあります。

自宅ではラジオやテレビ番組、CD、そしてPCのユーチューブなどでも注目してみてください。
クラシックを聴くことには、非常に素晴らしい効果があるものです。
パワーや慰みを与えてもらい、作曲者が意図していることを聞き取ることも重要ですが、ただ聞き流して{あ~、いいな~」と感じるだけだとしてももちろんオーケーなんです。

オランダのチューリップがあそこまで美しいのはクラシックをよく聴かせているからだとも言われていますし、北海道の牧場で牛に聴かせたらミルクが良く出るようになったり、人間においても胎教に良いということも広く言われています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する